NEWS

【結果報告】2022年七大戦【千葉大卓球部】

お疲れ様です。20主将の溝渕です。

今回は、先日横浜国立大学にて行われた七大戦の結果をご報告させていただきます。

今回は、コロナ禍により参加を見合わせた学校がありました。そのため、今回の七大戦の参加校は、東京都立大学、横浜国立大学、一橋大学、千葉大学の4校でした。

試合結果

試合結果は以下の通りです。

男子シングルス

1位トーナメント 優勝 島本

3位トーナメント 優勝 川並

3位トーナメント 準優勝 伊藤

女子シングルス

上位トーナメント 優勝 千葉

男子ダブルス

準優勝 鈴木・島本ペア

ベスト4 遠藤・中島ペア

ベスト4 荒木・竹内ペア

優勝者コメント

男子シングルス 1位トーナメント優勝 島本

今回七大戦シングルスで優勝しました21Bの島本です。久しぶりの大会だったので心から楽しんでプレーできました。両親や同期、先輩方への感謝を忘れず、今後とも励んでいきたいと思います。

女子シングルス 上位トーナメント優勝 千葉

全然と言っていいほど試合をする機会がなかったので、七大戦に参加することができて本当に良かったです。携わってくださった都立大、横国大、一橋大の皆さん、ありがとうございました。

この大会のシングルスで勝てたのは大きな自信になりました!しかし、ダブルスではすぐに負けてしまったので、シングルス、ダブルス両方とも勝てていけるような選手になれればなと思います。

男子シングルス 3位トーナメント優勝 川並

今までの大会では緊張し過ぎて力が入ってしまっていたので、今回は楽しむことを意識して試合に臨みました。

大会を振り返って

コロナ禍という状況もあり、大学に入って初めての大会だったという部員も多くいました。

久しぶりの大会で緊張し、思うような結果が残せず悔しい思いをした人もいると思います。

なかなか大会に出られない状況はしばらく続くと考えられます。しかし、この七大戦の経験を忘れず、いかに普段の練習から大会を意識するかが大切になってくると思います。

大会で見つかった課題を、次の大会までに克服できるように、日々練習していきます。

最後に、コロナ禍という難しい時期での開催でありながら進行してくださった東京都立大学さんや、参加された各大学の皆さん、ありがとうございました。

それでは!

リーグ戦の模様はInstagramで配信中!