時短部活で勝ち上がる

【サーブ&3球目の大切さ】短い練習で勝ち上がる選手の共通点を探したら、千葉大卓球部が目指すべき卓球が見えてきた

お疲れ様です!20主将の溝渕です。

緊急事態宣言の発令に伴い、部活動の再開が先延ばしとなってしまいました。

寝言で「卓球してぇぇぇえ!!」と叫ぶほど卓球に飢えていた私からすると辛すぎますが、まずは1日も早く安心して卓球できる日を取り戻しましょう!

私は、短い練習時間で卓球上達する方法を考える期間、体力・筋力作りの期間にしています。

部活再開後の方針を考えられる期間が長くなったんやな!

ってプラスに捉えていきましょう!

今回の記事では、短い練習時間で勝ち上がる選手の共通点を探ることで、短い練習時間で大きく成長していくために千葉大学卓球部が目指すべき卓球について考えていきたいと思います!

コロナ禍における練習時間は2時間未満

千葉大学卓球部のコロナ禍における練習時間は2時間です。

その2時間というのは、体育館使用が許可された時間ですので、準備する時間や台やボールを消毒する時間を含めると、練習時間は実質2時間より短いといえます。

限られた練習時間でどのように強くなっていけるかが課題だね。

限られた練習時間でどのように強くなっていけるか?

この点を踏まえた上で、千葉大卓球部はどのような卓球を目指し、どのような練習をしていけばよいのでしょうか?

そのヒントを探るために、短い練習時間の中で勝ち上がっている選手の共通点を探りました。

短い練習で勝ち上がる選手の共通点

短い練習時間で勝ち上がるために必要な要素を探るために、プロからアマチュア、大人から学生まで、様々な層の選手のインタビューやブログなどを読み漁りました。

その選手の戦型に関わらず、勝ち上がるための共通点が見えてきました。

その共通点とは、ラリーで戦わないということです。

ラリーで戦わない!?

その中でもより短い練習時間で結果を残した選手を紹介させていただきます。

1日2時間の練習でインターハイベスト32に入ったA選手

A選手は、学校の部活動では週に3,4回2時間という短い練習時間の中で、インターハイベスト32という結果を残しました。

その短い練習時間の中で、「ラリーよりもサーブと3球目の精度を上げる」ということを第一に練習をしていたそうです。

そのために、試合を中心に練習していたみたいだね!

勉強中心の高校に通いながら全国2位になったB選手

勉強が中心の進学校に通うB選手は、週4回、2時間という練習時間の中で、全国2位という結果を残しました。
カットマンであるB選手ですが、ラリー主体ではなく、あくまで攻撃につなげるためのカットという位置付けであるとのことです。

練習時間の長い強豪校にラリーで勝負するのではなく、攻撃を得点源にして戦っています。

攻撃のためのカット!こんな発想で練習したことなかった…。

やるべき事は実にシンプルなのではないか?

このように、練習時間が短い中で勝ち上がる選手には、「ラリーで戦わず、ラリーになる前に決める」という共通点が見えてきました。

当然、戦型、戦い方は人それぞれであります。

ですが、チーム内でサーブと3球目、5球目の精度を大切にし、これを徹底することができれば、短い練習時間の中でチーム力を上げることができ、勝ち上がることもできるのではないでしょうか?

そしてこれこそ、活動時間が短い千葉大学卓球部が目指すべき卓球なのではないでしょうか?

3球目で決めきれるかどうかということよりも大切なこと

けど、3球目で決めようと思って決めきれるほど卓球は甘くないぞ~~~!

現実的な問題として、全てのラリーをサービスエース、3球目で決めきるのは不可能であると思います。

対戦相手のレベルが上がるほど、実際に3球目以内で決めきれる確率は当然低くなっていきます。

しかしながら、実際に3球目以内に決めきれずとも、

  • 何の戦略もなしに、ただ来た球を打ち返す。

というよりも、

  • 3球目で決めきる、決めきれずともラリー戦に持ち込む前に決めるという前提をもって卓球する。

という意識で卓球をするのとでは、結果は全く異なったものになると確信しています。

部活再開後の展望

正直、この記事を書いている段階では、部活全体でこの考えを取り入れていけるかどうかは分かりません。

純粋に卓球を楽しみたいという人には、全く意味のない提案だと思います。

しかしながら、短い練習時間の中で勝ち上がっていきたいと感じている人にとっては、参考になるのではないかと感じています。

いずれにせよ、戦略なしには勝ち上がれないね…。

まとめ

本記事では、短い練習で勝ち上がる選手の分析を通じて、サーブと3球目の大切さについて解説しました。

これこそが、時間の限られた中で強くなるための、千葉大卓球部が目指すべき卓球であると思います。

とりあえず自分はしばらくサーブと3球目をとにかく磨くぞ!!

【大募集】時短部活で結果を残すために必要なこと

緊急事態期間はまだ少し続きそうですね。

今月1回しか卓球できてない…(筆者の震え声)

卓球をするのが難しいとは思いますが、

  • 自身の技術向上のために何ができるか
  • 短い練習時間の中で結果を残すために何ができるか

などといったことを考えることはできます。

こういったことを今のうちに考えておければ、再開後の上達速度は確実に上がります

そのためのアイデアを大募集中です!

千葉大卓球部内の方は私までLINE、またはGoogle Formまで
OB・OGの方、外部の方はお問い合わせフォームまで

アイデアをお待ちしています!

それでは!

リーグ戦の模様はInstagramで配信中!